* パンプン松
この松は表皮が龍のうろこの赤色で、四方に伸びた枝ごとに動くような龍のように伸びた枝が
神秘的で、開きながら上に伸びる木の形、四方に曲がった枝などが特異だ。
由来としては新羅末、道●(ごんべんに「先」)が明堂を探しながらここをはじめとし、咸興、ソウル、江原道、鶏竜山に各々5株を植えたが、そのうちの1本だという。