* 明成皇后
朝鮮第26代高宗皇帝の皇后として開花期に優れた外交力で自主性を守りながら開放と改革を推進したが、1895年10月8日の早朝乙未事変で日本人により殺害され、波乱万丈の一生を終えた明成皇后が出生し、8才まで住んでいた家である。1687年(粛宗13年)皇后の父、閔維重の墓幕として建立されたが、当時の建物で残っているのは本館のみであったが、1995年に門脇の部屋と主人の部屋、別館などが復元されて一新され、明成皇后が幼い時に勉強していた部屋があった場所には彼女の誕生を記念して建てた"明成皇后誕降舊里" <明成皇后が生まれた昔の村>と刻まれた碑が建てられている。

生家の前に記念館が建立され各種の資料や遺品などが展示されており、161席規模の公演場(文芸館)があり、明成皇后についての映像物を上映している。