「この茶碗は, もちろん朝鮮時代の莫砂鉢ではありますが, 我 日本人たちには信仰それ自体であり, あたかも我の心を平安にし,限りなく喜ばしくし, また崇高にし, 我の心を永遠の安息所へと導いてくれた, 我には菩薩, いや神にも似たそのような存在でした.」 (1989 京都 高麗茶碗シンポジウム)
 

 



Copyright (c) 2000 ichontour All rights reserved. contact us