人類が初めて 陶器を作って 使用した 時期は 大体 1万年前 くらいの 頃だった.
初期の 世紀は 1,100℃ 以内の 火度で 燔造される 陶器 石器を 作って 使用したが 1,300℃ 高熱で 燔造される 磁器を作ることのできる段階に達した国としては 韓国と 中国, べトナムくらいしかなく 特に 韓国と 中国はその 造形が 独創的で良質の磁器を生産できた.

韓国は 9C前半の 新羅時代に 中国との 活溌な 貿易を 通して青磁製造の 技術を学ぶことで 陶器文化圏を 抜け出し 磁器文化圏へ 進入する ことになった その後, 統一新羅時代から作られ始めた青磁は 1 2Cの高麗時代にさしかかって発展し 当時中国で高麗青磁の翡色は天下第一」だと言われたくらい, 世界で最も美しい 韓国だけの独創的な磁器を生産するようになった.
当時貴族中心の仏教国家であった高麗時代の影響を受けた青磁は 華麗で洗練された多くの傑作を残し 高麗時代後期をピ一クに次第に衰えていく.

 
世界陶磁器史の発展を見ると,陶器から土器, 石器へ,土器, 石器から青磁へ, 青磁から白磁へと発展した.
青磁から白磁へ変化する過程で,韓国では,15C初, 高麗末, 朝鮮前期に「粉青沙器」という,非常に特徴があり優秀な陶磁器が製作される.この独特な粉青沙器は, 16Cの壬辰倭乱 [豊臣秀吉の朝鮮侵略のこと] という戦争を通して日本に伝播され,日本の磁器発展の出発点となった.

当時日本は磁器を生産できない土器を使用する水準だったが 日本人たちが「陶磁器戦争」と称するくらい多くの韓国の陶工を日本へ連れてョソンゆき 彼らに陶磁器を生産させることで初めて磁器を作れるようになつたのであり 彼らのうちの一人である「李サムピョソ」を日本人は今でも陶祖といっている.
当時この韓日戦争により 韓国の全国の釜が破壊され 多くの陶工たちが日本に連れて行かれたことで 粉青沙器の全盛期は幕を降ろすことになった.

その後 17Cに 朝鮮時代の 儒教的な 文化を 背景に 白衣民族である 朝鮮は 純潔, 純粋, 謙遜を 象徴する純白色の 白磁を発展させるようにつた 以後白磁は 朝鮮時代の ソンビ層の 高い 嗜好に 力を 得て 美しい 純白色の 磁器から多様な 文様と 非常な 変形を 遂げ 絵画的でありながらコ一モアとウイツトに富んだ 華奢な洗練美を 備えた 工芸芸術として 発展した.

 
 
韓国の 陶磁器は 優秀な 資質を 土台とし, その 質は澄んだ 独特のもので, その 姿は健康 で溌剌としている.
韓国の陶工たちは, 深い山奥で, 常に自然と順応して, 生活に必要な 機能を主として, 煩雑な 技巧と 多様な 色彩を 表現することよりは, より多くの 時間と 努力を 傾けて, 単純な色調と 大様な 造形にその 美しさを求め, 韓国だけの 独創的で 素晴らしい 陶磁器芸 術を作り上 げた.



Copyright (c) 2000 ichontour All rights reserved. contact us